年金に関する相談

説明をする男性

 社会保険労務士は保険や年金に関する法律の専門家です。法律系の専門職には様々な種類のものがありますが、誰もがお世話になる確率が一番高いのが社会保険労務士かもしれません。なぜかというと、高齢者のほとんどが受給する年金のエキスパートだからです。数年前に、消えた年金問題が大きく取り沙汰されていた時期がありました。今ではほとんど話が聞かれなくなりましたので、もう全ての問題が解決されたのだろうと安心しきっている人が多いですが、データが正しく修正されていないケースがまだまだ残っているのが実情です。自分の受給額に疑問を感じたとしても、それをうまく説明できない人がたくさんいます。そんな時は社会保険労務士事務所へ行って相談してみるのが一番です。また、障害年金の受給手続きも社会保険労務士のサポートを受けながら進めるようにした方が申請がスムーズに受理されます。今後、高齢者の数がますます増加していきますので、社会保険労務士に対する需要が高まるだろうと予想されています。

 これは社会保険労務士だけでなく、全ての法律系専門職に共通して言えることですが、それぞれの士業が取り扱える業務内容については、法律で細かく規定されています。法律で定められている職務権限を超えるサービスは、客からの求めがあったとしても提供してはいけないことになっています。ですので、自分がどのような法的サービスを望んでいるのかをよく考えた上で、それに一番適した専門家を利用するようにすることが大切です。先ほども述べた通り、社会保険労務士は保険と年金の専門家ですので、それらに関する問題であれば対応することができます。また、会社の就業規則の作成サポートなども行っています。個人だけでなく法人でも社会保険労務士を利用することができますが、事務所によって料金が異なっていますので、利用する前に複数の事務所の料金を比較してみることをおすすめします。